あなたのネット年齢は何歳?使い方で分かるネットの世代格差

 

こんにちは。いかがお過ごしですか?

 

今日は「しらベェ」という調査サイトのデータからネット年齢なるものを考えて見たいと思います。

ネット年齢とは?

ネット年齢とは私の造語です。

すみません。

しかし、同じインターネットでも若者とおじさん、おばさんで世代による使い方の格差があるのでは?と日頃から感じています。

そこで、どのようにインターネットを使うかでネット年齢が決まると考えました。

そこでよく登場するのはSNSの年齢別のユーザ数です。

こんな感じです。

FaceBookもTwitterも絶対数に多少の差はありますが、20代から40代に山ができて、それ以上年齢が高くなるとユーザが減っていくという傾向です。

これはこれで、貴重なデータですが、もっとネット利用に関する面白いデータがあります。

それは調査サイト「しらベェ」のデータです。

若者はネットに動画アップする

「しらべぇ」の調査データです。

動画をアップするのは圧倒的に20代、30代が多いです。40代が極端に低いのは、仕事が忙しい世代だからと思います。

そして50代以上になると、男性で12.1%、女性でわずか3.1%まで低下します。

あくまでも想像ですが、50代の人はだいたい会社での出世競争の勝負が判明し、負けて暇になった人が動画をアップしているのでしょう。

 

年配者はストリートビューで他人の家をみる

 

同じく「しらべぇ」の調査データです。

住所からちょっと覗き見するようで気が引けますが、誰でもストリートビューで他人の家を見たことがあると思います。

上図は住所を年齢・男女別でのストリートビューで見る人の割合です。

全世代とも30%以上ですが、特に50代以上、しかも女性が多くなっています。50才をすぎると他人の家が気になるのでしょうね。

まとめ

インターネットを使う上で、動画をアップするのが正しくてストリートビューで他人の家をチェックすることが悪いとは言えません。

しかし、積極的にネットを利用するのか、受動的にネットを利用するのかの違いは大きいです。

せっかくならば、何歳になっても積極的に利用したいものです。

そこで、ペライチなどの無料サイトを使用して自分の情報発信のページを作ってみるのはいかがでしょうか?

ペライチは無料でアカウントを作成することができ、1ページまでならば情報の発信もできます。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です