チャンネル登録者79万人!ぼくの英語の先生はカリスマYouTuber

こんにちは。いかがお過ごしですか?

今日は私の英語先生、Vanessa(バネッサ)先生(アメリカ人でアメリカノースカロライナ州在住)のネット集客をご紹介したいと思います。

英会話のユーチューバで「バイリンガールちか」さんがチャンネル登録者が100万人超えでとにかくすごいのですが、自分の身の回りにもすごい人がいました。

もちろん、日本人でもないし、日本にも住んでいない外人さんなので単純には比較ならないのですが、そのやり方は十分に参考になると思いご紹介いたします。

Vanessa(バネッサ)先生のYouTubeのチャンネル登録者数79万人、最初のころの動画はすでに300万回以上の再生です。

また、オンラインサロンの登録ユーザは現在1850人、YouTubeを導線とした見事な集客です。

また、オンラインサロンは登録者が脱退しないように自然と対策を入れています。

Web集客の大変良い見本です。

英語学習の需要を計算する

まずは、英語学習の需要を見積もってみます。需要と言っても日本ではなく世界です。

 

世界の英語人口は17.5億人

英語人口 17.5億人(世界1位)

日本語人口 1.3億人(世界9位)

ご存知のように英語を使う人は世界で17.5億人いるそうです。もちろん比率は世界1位で世界の人口70億人の約25%にも及びます。英語を母国語として使う人はわずか3.9億人だそうです。

一方の日本語の人口はほとんどが日本列島に住む人で、約1.3億人です。英語人口の1/14しかいません。

市場の広さを考えれば、英語はブルーオーシャン、日本語はレッドオーシャンとは言わないまでも、英語ほどではないけれど市場は狭いのです。

英語を勉強する人の人口は数億人

重要なことは英語人口のうち、母国語でない人の数です。

単純に英語人口17.5ー英語母国語人口3.9=13.6(億人)

という計算ができます。

13.6億人のうち5%が真剣に英語を勉強するとしても6〜7億人です。

つまり英語勉強の市場としてはものすごいブルーオーションです。

Vanessa先生の戦略の正しさがわかります。

私の英語の先生はユーチューバー 

学習サイトの登録英語講師

私の英語の先生はVanessa(バネッサ)先生です。アメリカ在住(ノースカロライナ州)のアメリカ人、英語ネイティブです。

30齢くらいです。既婚で小さなお子さんが一人います。

日本語は全くしゃべれません。

彼女は、しゃべり上手(英語ですが)で、サービス精神旺盛、英語の下手な人にでも親切に教えてくれます。

またその明るい性格はまさに動画向きでしょう。

私がVanessa先生を知ったのは3年半前の2015年の夏くらいです。

CafeTalkというよろず学習サイトの英語講師として登録していました。彼女が行っていたのは、基本的にはスカイプを使用した1対1の個人クラスです。

記憶は不確かでしたが1時間で3000円くらいでした。

私は何回も受講しました。

朝食を作るところを有料ライブ配信したこともありました。

しかし、CafeTalkの中間手数料が大きいのか、Vanessa先生はCafeTalkの所属をやめました。

道義的に許されるのか分かりませんが、連絡先がメールできました。

継続的に習いたいのならば、Vanessa先生へ直接申し込んで、1対1の個人クラスを受講することになりました。

残念ながら、彼女の妊娠を機に1対1の個人クラスは終わりになりました。

YouTubeで継続して動画をアップ

Vanessa先生は2015年には夏に自分のサイトをすでに立ち上げていました。

(このイラストは彼女に似ていないと思うのですが)

私が登録してすぐのころ、「自信を持って英語を話すための5ステップ」(5 Steps To Becoming Confident English Speaker)とい本を無料で配り始めました。

また、音声ファイルも無料で配布していたと思います。

さらに、すでに何本もYouTube動画をアップしていました。

「おいしい」の何種類もの言い方や、「HOPEとWILLの使い方の差」、「アメリア英語とイギリス英語」の違いなどを5~10分くらいでシリーズでアップしています。

「vanessa english youtube」で検索するとたくさんヒットするので、興味のある方はどうぞ。

下は最初のころのビデオです。

現在、彼女のYouTubeはチャンネル登録者数79万人、最初のころの動画は12万回以上の再生です。

 

オンラインサロンを開始

2016年くらいにVanessa先生は「Fearless Fluency Club」というFaceBookの非公開グループを開始しました。

会員制のオンラインサロンみたいなものです。

登録したユーザのみがFaceBookの非公開グループにアクセスできます。

登録したユーザーは英語を使わない世界中の人がいます。私の感覚ですと南米の人が多いようです。

このグループでFaceBookでのコミュニケーションができます。日本人も少人数ですが登録しています。

現在、登録メンバーは1854人います。

料金は月額のサブスクライブ方式(クレジットカードによる自動課金)で、$35/月です。

半年払い$155なので私は半年払いにしています。(こちらがだいぶ安い)

Vanessa先生の集客の導線

集客の導線

長くなってしまいましたがVanessa先生の集客の導線を、まとめてみました。

    

1.オンライン講座(有料個別レッスン、もうやっていません)

2.YouTube動画(もちろん無料)

3.無料テキスト(「自信を持って英語を話すための5ステップ」)

からサブスクリプション(毎月課金制)の「Fearless Fluency Club」(Facebook非公開グループ)に誘導するという方式です。

「Fearless Fluency Club」の会員になると、1回/週の集団ライブレッスンと毎月1回のライブとインタビュー動画とそのテキストが提供されます。

でもインタビュー動画は大きめのファイルなので、ダウンロードがちょっと面倒です。

脱退しないようにする仕組み

会員が「Fearless Fluency Club」から脱退しないように毎週1回の集団ライブレッスンに参加するよう告知がメールで送られてきます。

スタートが日曜日の夜23時(日本時間)なので日本人にはちょっときついです。で、私はさぼりぎみです(笑)。

もうひとつは会員どうしのSkype交流です。

Vanessa先生はすごく推奨しています。

これを始めると横のつながりができて脱退しずらくなります。

会員で勝手にやるだけですからもちろん無料です。

英語を母国語としない非ネイティブの人たちとの会話ですが、これも英会話の勉強になります。

私はポルトガル語がネイティブのブラジルの人と毎週1回30分スカイプをしています。

まとめ

Vanessa先生の集客をまとめてみました。

YouTube動画から月課金方式のオンラインサロン「Fearless Fluency Club」へ誘導する方式です。

また、一度オンラインサロンに入会した人が脱退しないような仕組みも取り入れられています。

私はすごい集客と感じています。

最初に紹介しましたが、世界的に英語学習需要は6~7億人とものすごくあります。日本の人口の何倍にもなります。

ここをターゲットした彼女の戦略的勝利かと思います。

彼女はアメリカ人で英語ネイティブ(英語が母国語)、日本人には真似はできませんが、彼女なりに、ネットををうまく利用した集客はすばらしいものです。

少しでもご参考になれば幸いです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です