私にも転職できました!わたしが英語の勉強をがんばる5つの理由(その2)

こんにちは。いかがお過ごしですか?

「わたしが英語の勉強をがんばる5つの理由」(その2)です。

昨日の続きの「理由3」から書きたいと思います。

(その1)はリンクを貼っておきますのでご参照ください。

理由3:英語学習が以前より効率的にできる

3つ目の理由です。

英語の勉強は以前よりも効率よく勉強できることです。また、学習方法も多様化もしています。

今、一番人気でお手軽なのは、オンライン英会話だと思います。

自宅にいながら、低料金で英会話勉強ができるのです。

たくさんのオンライン英会話が教室が品質と価格の激しい競争をしています。この恩恵をみすみす見逃す理由はありません。

私はアメリカ在住のVanessa先生の「Fearless Fluency Club」(オンラインサロンのようなもの)とEnglishTalkというフィリピン人先生が中心のオンライン英会話をやっています。

また、英語のライティングサイトなんていうのもあります。聴く、話すだけでなく、読む、書くも鍛えることができます。

私は「英語便」というサービスをすでに6年間利用しています。

また、変わったところでは、ロバート・キヨサキの英語講演を勉強してお金持ち思考を直接学ぶサイトもあります。

わたしは、一昨年の11月より継続して、利用しています。ロバート・キヨサキのお金持ち思考法を直接ロバート・キヨサキの声で聴くことは有意義だと思いませんか?

私が現在利用している英語学習サイトです。

米在住のアメリカ人Vanessa先生です。

生徒は世界中にいます。

残念ながらマンツーマンクラスは無くなってしまいました。

オンライン英会話のイングリッシュトークです。

フィリピン人が中心ですが優秀な先生が多いです。

ライティングのサイトです。いつでもネイティブの先生の添削をうけることができます。月2回の割合で宿題がでます。

ロバート・キヨサキ英語マスタープログラムです。ロバートキヨサキの講演を英語で聴いて、お金持ち思考を学ぶ一挙両得なくプログラムです。

理由4:自分に特別な才能がないから

私は、カリスマのように人を引き付ける魅力はありません。

また、音楽も、芸術の才能もありません。数学や物理を他人より深く理解する才能もありません。

またITエンジニアをやっていますが、能力は月並みです。

ですから、英語を勉強するわけです。

英語を勉強して、世界を広くして、英語を使えいない人よりも少しでも早く情報を入手したり、市場を広く持ちたいと思っています。

ですから、英語を勉強するわけです。

理由5:日本はオワコンかも?

最近、いろいろな面で日本の劣化が目立ってきています。

インフルエンサーのイケハヤさんも「日本オワコン」のユーチューブを作っていました(ポジショントークの面もありますが)。

でも本当に実感すること多くありませんか?

飛び重なる政治や公官庁の不祥事、くだらない議論の繰り返しの国会。

TV番組の品質の低下などなど。

また、日本の工業技術もITが大きな比重を占める昨今では輝きを失っています。

あのトヨタやホンダでも、アメリカや中国の新興自動車メーカーに対して、比決して技術的に優位とは言えないようです。

私が今いる会社も、幹部の動きがすごく昭和的で、大丈夫なのかと心配になります。

誰かの責任というわけでなく、時代の流れではないかと思います。

高度成長期が終わり、バブルがはじけ、リーマンショックで大きなダメージを受けているにも関わらず、日本は高齢化が進み、大切な働き手がどんどん少なくなっています。

これからの日本人は、日本国内を相手にするだけではもはや十分な収益があげられず、経済成長がおぼつかないにではないでしょうか。

悪化する環境の中で、世界を相手にする必要があります。

そのためにはやはり英語力が必要です。

生き残りのためには英語というツールが必須ではないでしょうか。

まとめ

私が英語を勉強する理由は

  1. 超ブルーオーシャンであること
  2. 最新情報は英語で発信されること
  3. 英語の勉強が以前よりはるかに効率的にできること
  4. 自分に特別な才能がないこと
  5. 日本がオワコンかも

の5つでした。

これからの世の中、とにかく勉強をしなければ生き残ることがますます難しくなっていきますが、英語力は強力なツールとなりえます。

「始めるのならば今!」です。

躊躇している暇はありません。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です