Web集客

もっとGoogleのビジネスモデルを理解しよう

こんにちは。いかがお過ごしですか。

今回は「もっとGoogleのビジネスモデルを理解しよう」というタイトルでGoogleのビジネスモデルにつて紹介いたします。

Googleのビジネスモデルを理解することは重要

Googleのビジネスモデルを理解することは重要です。

なぜ重要かと言えば、Webで集客をする場合、Google検索抜きでは考えられないからです。

そして、検索順位をあげるための対策であるSEO(Search Engine Optimization)を行うときも常にこのGoogleのビジネスモデルを念頭に置かなけれまなりません。

ですから、Googleが何を大切にして、どのように収益を上げているかを知っておくことは非常に大切です。

Googleは広告で利益を上げている

民間TV局にとって大事なのはTV視聴者

まずは一般の民放TV局(民間放送局)を例にします。

みなさんがご存知のように、TV放送局はTV番組を制作して、TV視聴者に見てもらっています。

しかし、TV番組を制作して、ただ視聴者に見てもらってもお金にはなりません。

そこで、広告主より広告(コマーシャル)をしてもらい、広告主よりお金をもらいます。

広告はTV番組に挟んで、視聴者に見てもらいます。

視聴者は広告を見てその商品が欲しいと思ったら、それを買うことにより、広告主へ収益をもたらせます。

コマーシャルをより多くの人に見てもらうためには、良い番組や人気のあるドラマを作る必要があります。

ですから、一番大事なのはコマーシャルを見てくれるTV視聴者であります。

Googleにとって一番大事なのは検索ユーザー

Googleも収益をあげている企業です。公共団体ではなく、一般の私企業です。

収益は広告からあげています。民放の放送局とほぼ同じビジネスモデルです。

ちょっと違うのは放送局の番組に当たるものが、HP(ホームページ)やブログなどのWebコンテンツであることです。

Webコンテンツを集め、Webコンテンツのリストを作成します。そしてそこに広告を挟むことで収益を上げています。

ここで一番大切な人は、Webコンテンツのリストを見てくれる検索ユーザです。

ここが一番大事です。

Googleにとって一番大事なのは検索ユーザであり、検索ユーザーにいかに検索リストとそのコンテンツを見てもらうことが重要です。

そのためには、検索ユーザが検索の目的を達成するように、検索結果はより検索ユーザが抱えている問題や悩みに的確に回答しているサイト順になります。

まとめ

Googleのビジネスモデルを紹介しました。

Googleにとって一番大切なのは検索ユーザであり、検索ユーザが問題や悩みを解決するために必要なコンテンツを役に立つ順に並べています。

ですから、検索順位をあげるため、SEO(Serach engine optimization)を行う場合にも検索ユーザのことを考えて行わなければなりません。

ここまでお読みいただきありがとうございました。