SNSの掲載画像で心理がわかる??

こんにちは。いかがお過ごしですか。

今日はSNSに恋人とのツーショットを載せる、載せないの話をしたいと思います。

恋人の写真をアップするのは少数派

あなたにもし、恋人やパートナーがいたら二人の写真をSNSへアップしますか。

ほとんどの人はアップしないと思います。

実際に調査サイトの「しらべぇ」さんの調査結果でも、9.7%の人しかアップしないそうです。

私の場合も妻との写真は絶対といっていいほどアップしません。

妻もいやがるでしょう。

年代別にみると20代が一番多く、年配者になるに従って、比率が少なくなっていきます。

しかし、外国人のFaceBookのプロフィールではかなりの人が家族での写真や、パートナーとの写真を使用しています。理由が分かりませんが、自分は家族を大切にしているということをアピールしているのかもしれません。

このあたりはAppWorldさんのサイトでパターン別の心理分析が掲載されています。

自撮り → 自信にあふれている

芸能人などの写真 → あこがれを示している

アニメキャラクター → 好みが合う人しかつながらない

家族・子供 → 家族を大切にしていることのアピール

他にもいろいろと掲載してくれているので興味のあるかたはご参照ください。

SNSではありませんが、年賀状は不思議です。

年賀状は特定の知り合いにしか送らないので、SNSとは比較にならないかもしれませんが、家族写真がかなり多いです。

私がいただく年賀状は約3分の1が家族写真の年賀状です。

たかだかプロフィール画像ですが、意外と奥が深いかもしれません。

まとめ

人の行動の全ては深層心理から決まると言われています。

たかだか、SNSの画像だけかもしれませんが、そこにも掲載する人の気持ちが現れているのかもしれません。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です